ペット霊園はインターネットでお参りできるHEAVEN’S PETで天国のペットにあなたの祈りを・・・インターネット霊園へのご入園は無料です。

HEAVEN'S PET インターネットペット霊園


虹の橋動画を作成しました

チャリティのご案内




山下家 様の親愛なるペット

シ-ザ- ここに安らかに眠る


ご参拝者の皆様へ、どうぞお花をお墓にお供え下さい
お花を供える
このお墓に今まで供えられたお花の数は 138 回です。

 シ-ザ-ちゃんに運勢を占ってもらう 
飼主のお名前 山下家
ペットのお名前 シ-ザ-
ペットの種別
ペットの品種 ミニチュアダックス
ペットの誕生日 西暦 2003年 3月 8日
ペットの命日 西暦 2017年 5月 12日
ペットの年齢 14歳2ヶ月
入園日 2021/05/12/19:16:19

ペットへのメッセージ
シ-ザ-へ

シ-ザ-が虹の橋にお引っ越しして今日で4年目に
なるね。

2003年3月7日に柴犬のシ-ザ-を失って
毎日泣いていた私のために、お父さんとお母さんが
新しい家族にと連れてきたのがミニチュアダックスの
シ-ザ-だったね。
お母さんは「もう犬は飼わない」と言っていたけど、
お父さんが「自分が育てる」と言って私のために
お母さんと「ペットショップ アイ愛」に探しに
行ってくれたそう。
お母さんと目があって、すぐ懐いて来たのがシ-ザ-
だったそうね。
ブラック&タンのおっとりしたママと、ホワイトに
近いクリ-ムのイケメンパパから生まれたシ-ザ-は
とっても可愛かったね。

我が家の玄関をくぐって家族になったシ-ザ-が
まだ来たばかりの頃、椅子やテ-ブルを噛みついて
びっくりしたけど、今ではそれを見るたびにシ-ザ-
を思い出すよ。

お母さんに一番懐いていたね。
きっとシ-ザ-は、家庭の事情に気付いていて
「お母さんを支えないと❗」と思ってくれて
いたんだね。
か-くんが仕事に行く朝には毎回「ワンワン❗」
と力強く吠えて挨拶していたね。
1年に1度位しか会わないお母さんの方の
おばあちゃんには、お母さん以上に懐いていたね。
そのことが不思議で今でも強く残っているよ。

2004年3月12日に花ちゃんを家族に迎えた時、
花ちゃんを歓迎してくれたのか、シ-ザ-は
花ちゃんの前にボ-ルを落として「遊ぼうよ❗」
って顔をしたね。
でも花ちゃんはボ-ルには興味がなかったみたいで
「ふんっ❗」って冷めた顔をしていたのには
笑ったよ。

花ちゃんが大好きで花ちゃんもシ-ザ-を頼って
いつも一緒にいたね。
花ちゃんとの間に5匹の子供が生まれたけど、
元太(♂)、小梅(♀)、さくら(♀)はすぐに虹の橋に
渡ってしまったね。
フリ-ダ(♂)とバロン(♂)も体温が下がって
亡くなりかけたけど、花ちゃんの出産を助けて
くれたブリ-ダ-さんの奥さんが両手で必死に
暖めてくれて命が助かったんだよ。
大雨の日だったね。

可愛い息子たちを家族に迎えて4人家族になって
幸せだったね。
ゆずときなこを家族に迎えてから、ヘルニアに
なって辛い思いをさせたけど頑張って治ってくれた
から嬉しかったよ。

ゆずはシ-ザ-が大好きで、花ちゃんにいじわる
ばかりしていたけど、シ-ザ-は決して怒らず
花ちゃんを支えてくれていたね。

父親としてバロンを怒って教育してくれたのに、
お母さんが知らずにシ-ザ-を怒ってしまってから
シ-ザ-は弱くなってしまったね。
シ-ザ-から思い切り噛みつかれてお母さんの
小指は複雑骨折してしまったけど、お母さんは
シ-ザ-との思い出が無くなるからと手術は
しないで今でも小指を曲がったままにしてるよ。

シ-ザ-の思い出はたくさんあるね。

⭐新聞を咥えて持ってきてくれたね。

⭐ボ-ル遊びが好きなシ-ザ-を連れて農業公園
に行って、お母さんが投げたボ-ルを取りに行って
たくさん走ったね。

⭐夏の散歩の時には、帰ってきたら暑さのあまり
、タライに入れた水の中に入って気持ち良さそうに
ゆっくりしていたね。
タライから出そうとしたら、まだ浸かっていたかった
んだろうね、「ヴ〜っ❗」って唸ってこっちを見て
いたね。
タライから出るタイミングが分からず、いつも
唸らせてしまっていてごめんね🙇

⭐階段を上がって2階に行ったら必ず私の部屋に
入って💩をしていたね。
かりんとうのように固くなった💩を知らずに
踏んづけてしまった時もありました・・。
終わったら隣のか-くんの部屋に逃げて

「ボクは何もしてません😒」って涼しい顔をして
待ってたね。
2階に上がっていたことに気付かずにいた時は、
💩をした後「早く下ろせ〜❗❗」って逆ギレして
叫んでいたね。

私にはなかなか心を開いてくれなかったように
見えたけど、私が両足不自由な身体障がい者に
なってから、いつもそばにいてくれたね。
シ-ザ-が亡くなる2ヶ月前だったから少しの
時間だったけど嬉しかったよ。

早く良い病院に連れて行っていたら助かったかも
知れないと今でも後悔しています。
他の子に同じ思いをさせたくないと今では
良い病院を見つけることが出来たよ。

急性膵炎で夜間救急に連れて行った時、お母さんと
私でシ-ザ-を励ましていたらシ-ザ-は一生懸命
立とうとして頑張ってくれていたね。
おしっこが出なくなり、少しでも出たら嬉しくて
最後まで明るい声で励ましてた。
夜間救急の院長が「もう、モルヒネを打って
あげよう」と打ってから酸素ボンベを鼻に入れた時
に咳をしたね。
苦しかっただろうと帰り道運転しながら辛かった。

入院していたか-くんの一時帰宅を待っていたかの
ようにか-くんが家に着いて家族みんなそろって
から虹の橋にお引っ越ししたね。
どんなに辛くても最後まで生きることを諦めない
ことの大切さを教えてくれたシ-ザ-。

シ-ザ-が虹の橋にお引っ越しをしてから、
バロン、花ちゃん、ゆずの順で虹の橋への
お引っ越しがありました。
1年に一度、お別れが来てしまう現実に耐えられ
なくて辛いけど、フリ-ダときなこのためにも、
笑顔を忘れず頑張っているよ。

シ-ザ-、家族になってくれて本当にありがとう。
精一杯生きて、お母さんを支えてくれて本当に
ありがとう。
いつかシ-ザ-がいる虹の橋で再会出来るように、
どんなに辛くても最後まで寿命を全うして堂々と
シ-ザ-に会いに行きます。
これからも、家族を見守ってね。
愛してるよ、シ-ザ-❤️

2021年5月12日


.

携帯霊園試作版

ネット霊園チャリティ商品






▲霊園TOP